THE IMAGIST Search Archives Contact   

Current Viewing : INORI - PRAYER- WOW inc. Tokyo

作品について
最新鋭1000fpsプロジェクターと超高速センシングによるリアルタイムトラッキング&フェイスプロジェクションマッピングの最新作「INORI -PRAYER-」が公開。本作は、浅井宣通(WOW)の呼びかけにより、TOKYO( http://www.lab.tokyo.jp/ )、ダンスユニットAyaBambi、東京大学石川渡辺研究室とのコラボレーションから誕生した。
本作は、ディレクターを務めた谷川英司氏(TOKYO)が提案した「生命」をテーマに楽曲を制作したところから開始。楽曲から受けたインスピレーションを元に、クリエイティブ・テクニカルディレクター浅井(WOW)とCGディレクター阿部伸吾(WOW)がビジュアル制作とプログラミングを構築。更にAya Sato氏がコレオグラフを作り上げ、TOKYOが映像作品として完成させた。
本作では、最新鋭の1000fpsプロジェクターDynaFlash※1と超高速センシングの使用により、これまで不可能だった激しいパフォーマンスも追従できるフェイスマッピングシステムを実現。トラッキングを高速化することによりパフォーマンスの自由度が失われるという開発当初のジレンマを解消すべく、WOWチーム、渡辺教授、手島氏(EXVISION)は約三ヶ月に渡り数ミリ秒を削るためトライ&エラーを繰り返し、今回のシステム※2を完成。プロジェクションされたイメージは、それ自体が皮膚の一部と一体化しているようにも見え、被写体の顔が変形・変質する際の表現力を飛躍的に高めた。
※1: 東京大学石川渡辺研究室と東京エレクトロンデバイスが共同で開発し、東京エレクトロンデバイスが製品化。
※2: 手のトラッキング&プロジェクションマッピングは、東京大学石川渡辺研究室が開発したダイナミックプロジェクションマッピング技術を使用。顔のトラッキングは、WOW inc.が開発したフェイスマッピング技術を使用。

Taste is a dictatorship.

Syndicate

Syndicate content